■退職金の運用は、じっくり検討することが必要


一般的に、老後夫婦二人でのゆとりのある生活を送るには、毎月約38万円は必要とされています。単純に計算してみると、20年間の生活費は約9100万円もかかることになるのです。これには、年金だけではとてもまかないきれず、退職金の有効な活用が欠かせないことになります。

かつては、貯蓄が一番手堅いもの、とされていましたが、今の金利水準では「安全確実」というだけでは長生きに対するリスクはとても解消されません。そのため資産運用の重要性が増すことになってくるわけです。しかし、いざ運用となると「何から始めればいいのか……」と悩むことでしょう。

退職後は、時間も充分に取れることになります。ここで、慌てずに、じっくりと、退職金の有効な運用を考えることです。投資のセミナーに参加したり、インターネットでリアルタイムの株価や為替の動きなどを見たり、また、これはと思うものがあれば直接窓口まで出向き説明を受け、金融商品を購入してみるなど、平日日中の時間帯をフル活用し、退職前にはできなかった資産運用へのチャレンジを実践してみましょう。

株もチャレンジしがいのある投資と言えますが、リスクも頭に入れておくことです。まず始めは、余裕のある資金で始め、ある程度市場の動向を知ってから、徐々に投資金額を増やすようにするべきでしょう。決して深入りはしないことです。株以外でも、どのようなものにも必ずリスクがあることを忘れてはいけません。

■本サイト人気コンテンツ


★ 退職金の相場はどれくらい?
東京労働局が平成20年12月に行った調査によると退職金を支給している企業のモデル退職金は、高校卒で55歳、勤続37年で9,848,000円、定年退職時で11,301,000・・・ 続きを読む

★ 退職金にかかる税金について
退職金を受け取った場合、退職所得として、税の申告を行うことになります。退職所得の金額は、収入金額(源泉徴収される前の金額)−退職所得控除額×2分の1として計算し・・・ 続きを読む

★ 退職金の計算方法について
通常は基本給を基準に退職金を算出するケースが多いものです。基本給を基準とした退職金の計算方法は、退職時基本給×勤続年数に応じた係数×退職理由ごとの係数・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 所得税について
◆ 住民税について
◆ 契約社員の退職金
◆ 余裕のある退職金の運用を
◆ 株へ投資する際ののコツ